エネルギーはライフライン。まさに「生命線」であり、その途絶は社会生活を大混乱に陥れます。その社会的性質から、そして電気については貯められないという物理的性質から、燃料調達においても技術の取り入れにおいても、夢を見ることが許される度合いが極めて低いのがエネルギーです。
これ以上ないほど現実的な商品でありながら、エネルギーには神話が生まれやすいことも事実です。原子力の安全神話ばかりではありません。新たな資源が発見されたから大丈夫、新技術が開発されたから大丈夫、再エネが普及すれば大丈夫、どこかの国ではうまくやっているから真似すれば大丈夫。
しかし、その神話を信じるものは本当に救われるのでしょうか。

このコラムでは、出来る限りエネルギー・環境問題の現場の実態や海外のデータ等を踏まえながら、神話やイメージを払拭し、現実的な議論の素材を提供したいと思っています。

竹内 純子(たけうち すみこ)
NPO法人国際環境経済研究所理事・主席研究員
21世紀政策研究所研究副主幹
筑波大学客員教授
産業構造審議会産業技術環境分科会地球環境小委員会委員
アクセンチュア株式会社 シニア・アドバイザー(環境エネルギー問題)
産業構造審議会産業技術環境分科会産業環境対策小委員会委員
産業構造審議会環境部会地球環境小委員会 化学・非鉄金属WG 委員
経済産業省 水素・燃料電池戦略協議会 委員
国立研究開発法人審議会 臨時委員
一般財団法人エネルギー総合工学研究所企画委員会 委員
公益財団法人海洋生物研究所理事(非常勤)

慶応義塾大学法学部法律学科卒業。1994年東京電力入社。
水芭蕉で有名な尾瀬の自然保護に10年以上携わり、農林水産省生物多様性戦略検討会委員等を経験。その後、地球温暖化の国際交渉や環境・エネルギー政策への提言活動等に関与し、国連の気候変動枠組条約交渉にも参加。2012年より現職。
著書に、
「みんなの自然をみんなで守る20のヒント」(山と渓谷社)、
「誤解だらけの電力問題」(WEDGE出版)
 *第35回エネルギーフォーラム賞普及啓発賞受賞
「電力システム改革の検証」(共著・白桃書房)
「まるわかり電力システム改革キーワード360」(共著・日本電気協会新聞部))
「原発は”安全”かーたった一人の福島事故報告書ー」(小学館)など。

8 / 8« 先頭...45678