米大統領選、トランプ氏が大統領になる日は来るのか(4)

~トランプ氏は共和党を結束できるか~


国際環境経済研究所理事、東京大学客員准教授


※【米大統領選、トランプ氏が大統領になる日は来るのか()、()、()】

 5月3日のインディアナ州予備選の結果、不動産王のドナルド・トランプ氏が勝利し、その日のうちにテッド・クルーズ上院議員(テキサス州選出)が選挙戦からの撤退を表明した。クルーズ陣営の「崩壊(メルトダウン)」は多くの専門家やメディアが予想しなかった事態だ。トランプ氏を「過半数割れ」に追い込むため、インディアナ州ではクルーズ氏に、オレゴン州とニューメキシコ州ではケーシック氏に得票を集めるという、いわゆる「反トランプ連合」の協定は失敗した。クルーズ氏はもはや勝ち目がないと判断したのだろう。4日には、ジョン・ケーシック・オハイオ州知事も撤退を表明し、早くもトランプ氏が米大統領選に向けた共和党候補の指名獲得を確実にする情勢となった。

special201603010_1

5月3日 撤退を表明するクルーズ氏 出典:CNN

special201603010_2

5月4日 撤退を表明するケーシック氏 出典:CNN

 インディアナ州予備選の勝利を受けて、トランプ氏は支援者を前に、「アメリカ・ファースト(米国第一)こそが、私の政権の最重要テーマとなるだろう」と明言し、民主党最有力候補のヒラリー・クリントン氏と11月の本選で徹底的に戦うことを表明した。

 トランプ旋風の背景には、格差の拡大や失業問題など白人の中間所得層から低所得者層を中心とした有権者の鬱積した不満や怒りがある。エリート政治家ではなく、異端児のトランプ氏こそ中央政界の重鎮にものが言え、自分たちのことをわかってくれる救いの存在なのだと。「アメリカ・ファースト」「雇用を作り出す」というトランプ氏の強いメッセージが、想像を超えた集票につながっている。

special201603010_3

インディアナ州予備選での勝利演説をするトランプ氏 出典:CNN

 しかし、共和党はすんなりトランプ氏を支持するわけではなく、党内の結束は分断されたままだ。トランプ氏が正式に党候補に指名されると思われる7月の党大会を前に、米メディアは共和党の重鎮がトランプ氏を支持するかどうか、その動向を追っている。

 数人の共和党重鎮はすでにトランプ氏の党候補指名に反対を表明している。5月3日には、リンジー・グレアム上院議員(サウスカロライナ州選出)は、「トランプ氏を指名すれば、我々は破滅させられる」と述べて、トランプ氏を支持しないことを表明した。5日には、ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領と息子のジョージ・W・ブッシュ前大統領が、トランプ氏を支持しない考えを表明した。今回の米大統領選の指名争いから撤退したジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事も6日、「トランプ氏やクリントン氏には投票しない」とフェイスブックに投稿している。また、過去に大統領候補となったミット・ロムニー元マサチューセッツ州知事やジョン・マケイン上院議員(アリゾナ州選出)は、7月の党大会に出席しない意向を示している。

 そうした中、共和党のポール・ライアン下院議長は5月6日、CNNのインタビューの中で、「トランプ氏は党をまとめ、もっと保守派の信条に従うべきだ。現時点ではトランプ氏は支持しない」と述べたが、その後「12日にトランプ氏と会談を行う」ことを発表しており、党主流との関係修復を図る動きを見せている。

special201603010_4

5月6日「現時点ではトランプ氏を支持できない」と話すライアン氏 出典:CNN


ページトップへ