MENUMENU

冬の暖房費節約術 電気その1


消費生活アドバイザー


印刷用ページ

 気づけば12月、街はクリスマス色に染まってキラキラしていますね。
 
 慌ただしく過ぎ去ってしまう師走ですので、大掃除、年賀状、帰省の準備、修理、買い物…と仕事の他にもやるべきことがたくさんありますので、早めにそして計画的に進めていきたいと思っています。

 また、冬になると上がるのが光熱費、先日はガスの節約方法をご紹介しましたが、電力会社各社が値上げを発表しており、この冬は電気代が上がることが予想され、家計には厳しい冬となりそうです。
 
 今回は暖房費の節約をご紹介したいと思います。
 
 既にご存じかとは思いますが、環境省などで推奨されているエアコンの暖房使用時の設定温度は20℃です。しかし、この設定温度だと寒い…と思う方も多いのではないかと思います。
 暖房効率を上げるポイントは窓です。冬に室内から逃げ出す熱の58%は窓からというデータがありますので、夏の冷房時と同じく窓対策が必要になります。

ポイント1
カーテンは厚手のカーテンで断熱する。
カーテンの丈が足りない、カーテンの生地が薄いとなればそこからせっかく暖めた空気が逃げていっています。丈が足りないのであれば、裾を伸ばしたり、クッションや丸めたバスタオルなどを置いて、カーテンの生地が薄いのであれば、遮光性能が高いカーテンに換える、窓ガラスに断熱シートを貼るとよいでしょう。

ポイント2
窓枠などに隙間テープを貼って、すきま風を防ぎましょう
隙間テープは100円ショップなどで売られています。また窓だけではなく、玄関ドアに新聞受けが付いていると、冷気が入りやすいので、バスタオルなどでカバーを作成して取り付けるのも対策としては有効です。

ポイント3
晴れた日は上手に熱を取り入れましょう。
晴れているならその熱を利用しない手はありません。陽の動きに合わせて部屋を移動するのもいいですね。陽が陰り始める16時頃にはカーテンを閉めて、熱が逃げるのを防ぐのがコツです。

ポイント4
暖房時は温める範囲を狭くしましょう
例えば、キッチンとリビングがつながっていたり、リビングと和室がつながっているような作りの家であれば、その境界にある扉を閉めると部屋が小さく使えて、その分部屋を暖めるエネルギーは少なく済みます。
また、家族が1つの部屋で過ごすようにすれば、暖房費だけではなく照明などの電気の節約につながります。



丸山晴美のエネ・エコライフの記事一覧