加納雄大(かのう たけひろ)/ 在ウィーン国際機関日本政府代表部 公使
1968年生まれ。東京大学法学部中退。ケンブリッジ大学経済学修士。1989年外務省入省。アジア局、北米局、国際協力局、在米国日本大使館、経済局、内閣総理大臣官邸、総合外交政策局などでアジア、日米関係、政府開発援助(ODA)、気候変動、安全保障等を担当。2014年7月より現職。
著書に本研究所における連載寄稿をもとにした「環境外交:気候変動交渉とグローバル・ガバナンス」(2013年 信山社)がある。

ページトップへ