除染作業員と健康


相馬中央病院 非常勤医師/東京慈恵会医科大学臨床検査医学講座 講師


印刷用ページ

 原子力発電所事故からの復興のために必要な人員に、除染作業員という存在があります。福島県には今でも数万人の除染作業員が、居住地の汚染を取り除くために働いています。
 今、この除染作業員の健康が、問題となっています。これが単なる労災という問題だけでなく、人手不足に悩む地域の医療を逼迫しかねない状況となっているためです。

I. 除染作業員の特殊性とは

 なぜ福島の除染作業員が他の復興現場と比べとりわけ問題になるのでしょうか。1つには、彼らが低賃金労働者の集団であること、2つめには、そのような社会的弱者でありながら「見える」形で社会に存在する事、そして3つ目には、医療保険を持つことで健康問題が顕在化した、ということが挙げられると思います。

(1)低賃金労働者を集める除染現場

 除染作業の下請け業者がホームレスをリクルートしていることは、海外のニュースにもなっており注1)、地元ではよく知られた事実です。しかし、風評被害への懸念のためか、日本ではこのニュースはほとんど報道されていません。
 人手不足、かつ6次受け、7次受けの下請け業者が当たり前の除染作業の現場では、低賃金労働者が多く集まります。結果として生活習慣のよくない人々が集まり、慢性疾患の「確率」が高くなってしまうのです。

(2)弱者が「目に見える」社会

 福島県で除染作業員であることを隠して暮らすことは困難です。
 1つには、作業員の人数は、その地域の人口に比べとても多いからです。たとえば人口約6万人の南相馬市に住む除染作業員は少なくとも5000人と言われ、日中だけ作業現場に入る方の人数も合わせれば、現在の南相馬市の人口の10%近くを占めています。この割合は原発に近くなればなるほど上昇し、中には作業員の人口の方が多い、という町すらあるようです注2)
 それだけでなく、田舎では、よそ者はとても目立ちます。作業者用の住居に住む、朝になると乗り合いバスに乗って移動する、異なる方言をしゃべる、コンビニで夕飯を買う…顔見知りがのんびり暮らす福島の田舎町で除染作業員はとても目立つ存在なのです。
 私は以前、東京の下町で勤務医をしていました。その地域にも、他人の医療保険で受診する方々やビザの切れた滞在者など、様々な社会的弱者がいます。しかしそのような方々は、東京という大都会に埋もれ、「見えない」存在として暮らしています。福島県の除染作業員は、このような弱者を社会の表面に浮かび上がらせている、という意味で特殊であると言わざるを得ません。

(3)医療保険による疾患の顕在化

 もちろん、低賃金労働者の現場は、全国どこにでも存在します。しかし除染作業員の健康問題だけがなぜ目に見える形で出てくるのでしょうか。その一因に、医療保険を持つことで疾患が顕在化したという側面があるのではないかと考えています。
 私の勤める病院でも、除染作業を始めて数日、という方が「具合が悪い」と病院を受診されることがしばしばあります。その時に進行がんが見つかったり、重症の糖尿病が見つかったり、という事がよくあるのです。このような方々の中には、除染作業員として働き始めたことで医療保険を持てるようになり、初めて病院を受診することができた、という方も多く含まれるのではないかと考えています。

II. 除染作業員の健康問題とは

 では具体的に、除染作業員の健康問題にはどのようなものがあるのでしょうか。
 除染作業員の健康問題には大きく分けて2つがあります。1つは健康リスクの高い除染作業員が持ち込む慢性疾患、そして除染作業そのものによる職業関連疾患です。本稿では、まず集団で見た除染作業員の特殊性について述べた後、2つの健康リスクについて述べてみようと思います。

(1)除染作業員が「持ち込む」リスク

 南相馬市立病院の澤野医師らの調査によれば、2012年~14年の間に同病院に入院した除染作業員方々は、ベースの健康状態がとても悪いことが示されています注3)。入院患者という偏った集団ではありますが、高血圧、糖尿病など、未治療の基礎疾患を持つ人が半数以上、喫煙率が90%以上もあり、2割近くに大量飲酒歴がありました。所得と健康リスクの高さは逆相関にあることは、既に疫学的によく知られています。このデータからも、元々健康リスクの高い人口が、被災地に急速に集まっている、という現状がうかがわれます。

(2)除染作業による労働災害

 作業員の健康リスクは、元々の疾患によるものだけではありません。作業環境・居住環境などによるリスクもまた、疾病増加へとつながっています。
 たとえば多くの除染作業は屋外で行われます。作業の性質上、時に防護服やマスク、ゴーグルなどを着用する場合もあります。そのような労働環境課では、熱中症や脱水リスク、それに伴う心血管イベントのリスクが必然的高くなります。
 それだけでなく、手の入らない人家の除染作業現場では、ハチなどの野生動物による被害も報告されています注4)。昨年は一人の作業員がスズメバチに刺され、アナフィラキシーショックで亡くなりました。またイノシシやドクガ、マムシも含めた動物関連疾患のリスクもあります。現場では長靴の着用を義務付けたり、作業前に蜂の数をチェックするなどの努力がされていますが、それだけで予防できるものではありません。

注1)
http://www.reuters.com/article/2013/12/30/us-fukushima-workers-idUSBRE9BT00520131230
注2)
http://www.huffingtonpost.jp/2014/03/14/fukushima-hirono_n_4963601.html
注3)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG15HA1_W5A510C1CR0000/
注4)
http://www.minyu-net.com/news/news/0819/news1.html


福島レポートの記事一覧