MENUMENU

[電事連・三菱総研] 『EU における原子力の役割への評価に変化の兆し — 気候変動対策の緊急性を意識』


International Environment and Economy Institute


印刷用ページ

 気候変動については近年、世界大でますますその重要性、緊急性の認識が高まっているが、中でも欧州連合(EU)は、とりわけ積極的な旗振り役であり、野心的な温室効果ガス(GHG)削減目標を掲げるとともに、その目標達成に向けた取組を加盟国に求めている。EU は、2030 年までにGHG 排出量を1990 年比40%減とする目標を掲げているが、目下、2030 年の削減目標を50%、さらには55%減まで引き上げ、2050 年までには排出量正味ゼロの「気候中立(Climate Neutral)」を目指す方向で議論が進められている。
 こうした中、従来原子力利用の位置づけについて態度を保留してきたEUの内部で、気候対策における原子力の役割を評価する動きが見られるようになってきた。

 詳細は、以下のホームページを参照。

【EU】EU における原子力の役割への評価に変化の兆し — 気候変動対策の緊急性を意識
https://www.fepc.or.jp/library/kaigai/kaigai_topics/1259901_4115.html

このレポートは、電気事業連合会の委託により、株式会社三菱総合研究所が作成したものです。
レポートの複写、配布等の許諾につきましては電気事業連合会にお問合せください。