「虹の松原」の再生・保全活動


国際環境経済研究所理事、東京大学客員准教授


 先日、佐賀市内で講演の機会があり、せっかくなので日本三大松原のひとつ、国の特別名勝、「虹の松原」(唐津市)まで足を延ばしました。虹の松原は、約400年前の江戸時代に、初代唐津藩主の寺沢志摩守広高が、防風・防潮のため海岸線の砂丘にクロマツを植林したのが始まりとされています。今日ではクロマツを中心に100万本の松が生い茂り、日本一の松原を形成しています。その規模は長さ4.5㎞、幅約500m、面積220haにも及びます。

 昭和30年頃までは、松葉や枯れ枝などを燃料として利用し、「白砂青松(はくさせいしょう)」と呼ばれた白い砂浜と青い松原の風景は、人が手を入れることで、人と自然が共生した姿を保ってきました。

 しかし、時代は高度成長期となり、家庭の燃料が薪や炭から石油やガスなどに変わり、松葉などが人々の生活に必要とされなくなりました。人々が松原に入って松葉や枝を集めなくなった結果、松葉が林内にたまり、土が肥えて、草や松ではない広葉樹が生い茂り、暗い森に変貌してしまいました。

 ところによってはゴミが投棄され、マツザイセンチュウという外国から入ってきた小さな線虫により「松枯れ」被害が起き、これまでに何百本もの松が処分される事態になりました。先人たちが大切に育て、守ってきた松原が少しずつ失われてきているのです。松原がなくなると、潮風や砂の影響で、住宅や田畑が被害を受けることも心配されています。

鏡山展望台より見る「虹の松原」(唐津市)

鏡山展望台より見る「虹の松原」(唐津市)

 「このままでは松原がなくなる!」と危機感を感じ、虹の松原の再生・保全活動を行っているのが、「NPO法人・唐津環境防災推進機構KANNE~かんね~」です。KANNE事務局長の藤田和歌子さんに現場を案内していただきました。

 「地面を見てください。今はほとんどが草に覆われていますが、昭和30年頃までは白砂に覆われていました。昔は、落ちた松葉や枝、松ぼっくりを人々がきれいにかき取って、炊事やお風呂の燃料にしていました。さっぱりと片付いた松原には、松露(しょうろ)と呼ばれる食用のキノコが生え、人々は季節のキノコ狩りを楽しんだといいます。今では松露もほとんど生えることはなくなりました」

 具体的にどのような活動をされているのですか?

 「なんとか松原を救おうと、平成20年9月からボランティアによる虹の松原再生・保全活動が始まりました。松枯れにかかった松の枝拾いをし、枯れた場所には新しい苗木を植えています。地面の腐葉土をはぎ取り、松が好きな砂地にすることもしています。枝拾いは、お子さんたちも楽しみながらやってくれます。次世代を担う子どもたちに虹の松原について知ってもらうため、保育園や幼稚園、学校での出前教室にも力を入れています。また、玄界灘には虹の松原の他にもいくつか松原がありますので、松原や海岸林のこれからを考えていこうと他の団体の人たちと話し合いを始めたところです」

樹齢数百年を超える老木から幼木まで100万本

樹齢数百年を超える老木から幼木まで100万本


ページトップへ