電力自由化どうする?どう選ぶ?【実践編】

「我が家にぴったりの電力会社は?」2回目


消費生活アドバイザー


印刷用ページ

 電力自由化がスタートして1カ月が経とうとしていますが、我が家の電力会社は未だ決まりきっていません。
 前回は、1年間の節約額で検討をしましたが、長いお付き合いにすべく、長期でのシミュレーション結果も見てみることにしました。

我が家の現状

エリア 関東(東京電力管轄)
契約種別 従量電灯C
契約A数 8kVA(80Aに相当)
月の使用量500kWhくらい
都市ガス併用住宅(東京ガス)

 今回も、38社、255の料金プラン注1)から電気料金の比較ができる価格.comの電気料金比較を利用して、我が家に合う電気料金の候補を見つけてみたいと思います。

 前回とは少し違う結果となりますが、今回は5年の節約額を見てみようと思います。

1位 ミツウロコグリーンエネルギー 従量電灯C(関東エリア)
5年間の節約額 88,670円
他特典など 特になし

2位 ENEOSでんき Aプラン にねん とくとく割(6kVA~49kVA)
5年間の節約額 85,825円+Tポイント3,955円/5年間
他特典など クレジットカードのENEOSカードで電気代の支払い登録をすると、ENEOSでのガソリン/軽油/灯油代が1円/L 割引き

3位 東京ガス ずっとも電気2(6kVA以上)「ガス・電気セット割」
5年間の節約額 84,980円+11,625円相当ポイント/5年間
他特典など レシピサイト「クックパッド」のプレミアムサービス月額280円(税抜)のサービスが「myTOKYOGAS」会員サイト内で利用できる。

4位 九電みらいエナジー 基本プランL
5年間の節約額 79,745円
他特典など 事務手数料、解約違約金等は発生しない

5位 ENEOSでんき Aプラン(6kVA~49kVA)
5年間の節約額 79,335円+Tポイント3,990円/5年間 
他特典など クレジットカードのENEOSカードで電気代の支払い登録をすると、ENEOSでのガソリン/軽油/灯油代が1円/L 割引き

ポイント分を加算した節約額の順位は、

1位 東京ガス 96,605円
2位 ENEOS 89,780円
3位 ミツウロコ 88,670円

となる。

 電気料金だけではなく、ポイントや付加サービスも含めて検討してみるのもポイントと言えるでしょう。また前回は、3月38日の順位でしたが、4月1日以降で事業者数が3件増えたことで、前回ではランクインしていなかったミツウロコの格安プランが登場しています。
 契約内容によっては、契約に期間内の解約には解約手数料がかかる事業者があります。もし、その後に魅力的なプランが出たとしても、乗り換えがすぐにできない状況はちょっともったいないかなとも思いますので、事業者を選ぶ際には契約期間と解約時の手数料は必ず確認をするようにしましょう。

期中解約金

 これは、ある事業者の重要事項説明書を抜粋したものです。
 このように小さい文字で違約金のことが定められており、事業者によって無料のところもあれば、有料のところもあります。契約前にはこの点は特に注意をしましょう。
 その理由は、いくら電気料金が安くなっても、違約金でマイナスになってしまうことがあるからです。
 さらにこの重要事項説明書を見ると…

各種手数料

検針票発行手数料 108円(税込)/月
請求書発行手数料 216円(税込)/月
解約事務手数料  540円(税込)

と記載されています。

 検針票発行手数料と、請求書発行手数料はWeb上で確認する場合はかかりませんが、紙で発行すると別途料金がかかるというものです。これは携帯電話でも同じですね。

 そしてこの事業者の場合、期中解約金に解約事務手数料がプラスされると、実質解約には5,540円かかるということになります。

 少し見ただけでもいろいろと、各種手数料が見えてきますね。
 次回は、他の重要事項などの例も参考にしながら検討してみたいと思います。

注1)
2016年4月16日現在

記事全文(PDF)



丸山晴美のエネ・エコライフの記事一覧