執筆者:北口 久継

avatar

新日鐵住金株式会社 環境部 地球環境対策室 主幹

  • 2013/05/27

    GHGの真実-2
    GHGで見た適正な途上国支援のあり方とは?

    1.温室効果ガス(GHG)排出量で評価することの重要性

     前報では、IEA(International Energy Agency:国際エネルギー機関)のCO2 emissions from fuel combustion注1)に記載されている温室効果ガス(以下GHG)データを使用して、国別のGHG排出量を整理し、1990年と2010年の途上国と先進国の寄与を評価した。 続きを読む

  • 2013/05/21

    GHGの真実-1
    1990年の途上国の排出割合は本当に小さかったか?

    1.温室効果ガス排出量(GHG)の誤解

     世界の温室効果ガス(以下GHG)排出量として毎年、IEA(International Energy Agency:国際エネルギー機関)からエネルギー起源CO2の値が報告注1)されており、日本政府においても、世界のCO2排出量割合を算出する際に本データを使用している注2)。エネルギー起源CO2は、日本では、GHG排出量の約90%も占める。 続きを読む