MENUMENU

サブスクリプションサービスでエネエコ


消費生活アドバイザー


印刷用ページ

 梅雨の頃となり、自宅で過ごす時間が増えている方も多いかと思います。自宅で過ごす際に動画や音楽配信サービスを利用している方も多いかと思います。
 こしたサービスで注目されているのが、サブスクリプションサービスです。サブスクリプションとは、定額制とも言われ、毎月一定額もしくは年会費を支払うことで利用できるサービスのことです。アプリやインターネットサイト上で映画やTV番組、アニメといった動画が見放題。さまざまなジャンルの音楽が聴き放題となるサービスが代表的です。メリットは、見たい動画や聞きたい楽曲をレンタルショップに行って借りなくても、インターネット回線を通じてその場で楽しむことができることです。レンタルショップに返却する手間もなく、返却し忘れて延滞金が発生することもありません。いろいろな音楽を聴きたい、動画を楽しみたいと言う人にはぴったりなサービスと言えるでしょう。
 また、雑誌などが読み放題となる「楽天マガジン」「dマガジン」「Tマガジン」「Amazon Kindle unlimited」などいくつかあります。それぞれのサービスによって月額料金や読める本の数が異なりますが、タブレットやスマートホンでいつでも気軽に読めて、ゴミにもならずに経済的かつエコです。ある美容室では雑誌が読み放題になる定額制サービスが入ったタブレットが置いてあり、好きな雑誌がタブレットから見られるようになっています。毎月の雑誌の購入費用や古くなった雑誌の処分も減らせる良いアイディアだと思います。


(イメージ)

 こうした定額制のサービスは動画や音楽、雑誌以外にもあります。例えば、テレビゲームやPCゲームといったものから、洋服、バッグ、アクセサリー、コンタクトレンズ、中には、ドリンク飲み放題やラーメン1日1杯無料で食べられる。といったものまでさまざまです。洋服やバッグ、アクセサリーは、借りられる点数が限られていたり、返却することで新しいアイテムを借りることができるルールになっています。オフィススタイルと、休日のスタイルが大きく異なる場合はどうしても衣類や小物が増えてしまい、クローゼットもパンパンになりがちです。また体型や年齢、流行や季節の変化によってもその都度買い替えとなると服飾費がかさんだり、着なくなったり使わなくなったアイテムの処分も大変です。定額の支払いでその時に欲しいアイテムを交換していくのもいいでしょう。ただし、気に入った服やアイテム、サイズがない場合や、借りたものの管理や入れ替えが面倒だと感じるのであればこういったサービスの利用は向かないでしょう。このようなサービスの中ではお試し期間が設けられているものもありますので、きになる方は、お試しをしてみるといいでしょう。最終的には返却をすれば良いので、衣類のゴミも減らすことができます。
 また、1ヶ月分のワイシャツのレンタルとクリーニングを定額制で行うサービスもあります。通常であれば、自宅でワイシャツを洗濯してアイロン掛けをしたり、クリーニング店にワイシャツを出す手間がありましが、こうしたサービスは、単身者はもとより、共働き世帯にも便利なシステムと言えます。ワイシャツもレンタルなので、買う必要もなく、いつでもアイロンがかかったワイシャツが着られるメリットがあります。
 このようなサービスは毎月もしくは年払いで受けることができるものです。上手に活用すればお得に利用できますが、ただ会費を払い続けてしまうのはムダな出費となってしまいます。サービスが不要になったら、すぐに解約をすることも忘れずにしましょう。



丸山晴美のエネ・エコライフの記事一覧