『フューチャー・アース(Future Earth)』の活動紹介


国際環境経済研究所主席研究員、フューチャー・アース関与委員会・委員


印刷用ページ

 現在の地球環境が抱える課題は、今や全人類的な問題です。その解決には各国の連携が不可欠であり、また、科学界、産業界、行政、市民団体など多様なステークホルダーとの協働による新しい取り組みが必要とされています。

 このような認識の下、2012 年のRIO+20 の機会に、国際科学会議(ICSU)を中心として「フューチャー・アース(Future Earth)」構想が提唱されました。フューチャー・アースとは、これまでの地球環境研究の国際プログラム(Global Environmental Change Programmes : GEC)の統合と、持続可能な社会に関する研究(Sustainable development goals : SDGs)の2 つの流れをくみつつ、グローバルな持続可能社会の構築を目指して地球環境変化に伴う様々なリスクに立ち向かう、10 年計画の国際的な地球環境研究プログラムです。

 フューチャー・アースでは、自然科学と人文・社会科学が強く連携すること、気候、物質循環、生物多様性、人間活動を含め、地球の変動を包括的に理解し、地球規模課題の解決に資する研究の総合的な推進を目指す国際協働の枠組みで、研究成果の直接・間接的なステークホルダー(国際機関、各国の中央及び地方政府、研究助成機関、国際協力・開発援助機関、産業界、市民社会、メディア等)との協働に基づく研究のCo-design:(一緒に研究計画)、Co-production:(一緒に研究実施)、Co-delivery:(一緒に結果の応用、実装)が鍵となる、Trans-disciplinary(トランス・ディシプリナリー)な研究の重要性をうたっています。

 昨年10月に任命されてフューチャー・アース(Future Earth)の関与委員会(Engagement Committee)委員を務めており、今後、活動概要(フューチャー・アースとは何か、具体的な活動内容、産業界との関わり)等、順次ご紹介して参りたいと思いますが、11月中旬にフューチャー・アース(Future Earth)関係者が来日することから、11月14日~23日に開催されます公開シンポジウム(4件)につきましてご案内致します。

(1)
サイエンスアゴラ「フューチャー・アース〜持続可能な地球社会に向けて〜」
日  時:2015年11月14日(土)13:00-17:00  (受付12:30〜13:00)
場  所:日本科学未来館 イノベーションホール

(2)
生命を育む地球環境の変動予測と適応─我が国におけるIGBP25年間の歩み
日 時: 2015年11月15日(日)9:00-12:00 ※開場8:30
場 所: 政策研究大学院大学 (東京都港区六本木7-22-1)1階 会議室1A・1B

(3)
持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議2015
日 時: 2015年11月15日(日)13:30-18:00 ※開場12:45
場 所:日本学術会議講堂

(4)
フューチャー・アース- 新たな国際プラットフォームで社会と科学をつなぐ
日 時: 2015年11月21日(土)9:30-16:00(開場 9:00)
場 所: 東京大学 本郷キャンパス内 安田講堂

各シンポジウムの詳細は、下記のPDFファイルをご覧ください。
是非、ご参加お待ちしております。

シンポジウム詳細(PDF)