MENUMENU

冬の暖房費節約術 電気その2


消費生活アドバイザー


印刷用ページ

こたつ
こたつ布団に更に上掛けと敷布団を合わせて使うと、熱が逃げにくくなり、こたつ布団だけの時と比較すると約710円の節約になります。(1日5時間使用した場合)

設定温度を「強」から「中」に下げると、約1,080円の節約に。(1日5時間使用した場合)

また、こたつの敷布団の下に断熱マットを敷くと更に保温効果が期待できます。

 節電とは少し違うかも知れませんが、冬の暖房器具で利用されている方も多いかと思いますので、ガスと石油ファンヒーターの節約術をご紹介します。

ガスファンヒーター
設定温度を21℃から20℃にした場合約1,130円の節約になります。(1日9時間使用した場合)
 
そしてまた、1日1時間運転を短縮すると、ガス、電気合わせて約1,830円の節約になりますので、エアコン同様早めに就寝するようにするのも良いでしょう。
 
石油ファンヒーター
設定温度を21℃から20℃にした場合約820円の節約になります。(1日9時間使用した場合) 肌寒い場合は、1枚上着を羽織るなど着るもので調節してみてくださいね。

また1日1時間運転を短縮すると、灯油、電気合わせて約1,360円の節約になります。灯油も年々値上がりしていますから、上手に節約をしたいものです。

節約の金額出典 省エネルギーセンター家庭の省エネ大事典
※暖房使用期間169日

 また、昔ながらの湯たんぽを上手に使うのもいいですね。無い場合は、ペットボトルにお風呂の残り湯を入れて簡易的な湯たんぽとして使うのもおすすめです。

 上手に節電をして、この冬を乗り切りましょう♪

記事全文(PDF)



丸山晴美のエネ・エコライフの記事一覧