MENUMENU

夏に向けた節電対策


消費生活アドバイザー


印刷用ページ

 電気料金の値上げが続いています。グラフは、東京電力が発表した2021年1月から2022年3月までの燃料調整費のお知らせのと、平均モデルの影響額をグラフ化したものです。平均モデルとは、「従量電灯B・30A、使用電力量260kWh/月の場合で、再生可能エネルギー発電促進賦課金、口座振替割引額、消費税等相当額を含みます。

 2021年3月と2022年3月の前年同月比では約30%値上がりをしていることがわかります。この値上げはしばらく続くことが予想されますので、今からできる夏の節電対策をはじめて電力消費を上手にコントロールしましょう。

1.家電製品を見直す

 以下のグラフは夏の日中の消費電力割合です。多い順に、「エアコン」、「冷蔵庫」、「テレビ」、「照明」となっています。割合が多いものから節電に取り組むことで、その効果が高くなります。

古いエアコン、冷蔵庫、照明は買い換えを検討も

 家電製品の耐用年数はおおむね10年と言われます。家電製品は1つ調子が悪くなると相次いで買い換えタイミングが来るのは、タイマーではなく、購入タイミングがほぼ同時だからとも考えられるでしょう。
 「省エネ製品買換ナビゲーションのしんきゅうさん」では、2010年製の冷蔵庫を2020年製のものに買い換えると、約37%~43%の削減、エアコンは同条件で約12%削減になると試算しています。そして、同サイトでは、「冷蔵庫」、「エアコン」、「テレビ」、「温水洗浄便座」、「照明・器具・LED照明」の新旧比較ができます。夏に向けて、エアコン、冷蔵庫、照明器具の使用年数などを考慮して、買い換えを検討するとよいでしょう。特に、クールシェアとして家族が集まるリビングから買い換えると、節電効果も高くなります。
 まだ動くのにもったいないと、買い換えをためらっている場合は、エアコンならフィルターの掃除や定期的なメンテナンスを行うと同時に、家電貯金をして買い換え時に備えましょう。

2.都民は「東京ゼロエミポイント」を活用しましょう

 東京都では現在、「家庭のゼロエミッション行動推進事業」こと “東京ゼロエミポイント”という事業を東京都民に対して実施しています。これは、エアコン、冷蔵庫、給湯器を買い換え、申請することで、商品券とLED割引券に交換できるポイントを付与するというものです。エアコン・冷蔵庫・給湯器の中で “東京ゼロエミポイント”の事業に登録されている、省エネ性能の高い商品が対象となります。対象商品は “東京ゼロエミポイント”の公式サイトで確認することができます。
 申請期間は2023年3月31日までですが、事業の予算が終了すると、早期終了となるため早めの買い換えを検討しましょう。

3.保温を見直す

 使っていなくても、温め続ける保温を見直しましょう。具体的には、温水洗浄便座の暖房機能をオフにして、100円ショップなどで売られている貼る便座シートを使う。電気ポットの保温はやめて、飲む分だけ電気ケトルや、やかんなどでその都度沸かす。炊飯器の保温を使わず、小分け冷蔵もしくは冷凍にして都度レンジで加温する。当然ですが、調乳などでポットの保温機能を使っているなど、事情があるなら無理に保温を切る必要はありません。

4.窓まわりをチェックする

 冷房でせっかく冷やした空気も窓対策がされていないと、せっかく冷やした空気が窓ガラスから逃げて行き、外の熱気が窓ガラスを通して入ってきてしまい冷房効率が下がります。遮光性や遮熱性能の高いカーテンに買い換えることで、冷暖房効率が高くなるので買い換えるのも手です。オーダーをする場合、仕上がりまで2週間ほどかかることがあるので、早めにオーダーすることをおすすめします。また4月からならゴーヤなどのつる性植物を窓ぎわに置いて、緑のカーテンを作ることもできます。ゴーヤを植えれば、食費の助けにもなりますね。

5.節電習慣を身に付ける

 「使っていない電気はこまめに消す!」これは節電習慣の基本です。例えば、時計代わりにテレピをつけっぱなしにしない。照明はこまめに消すなどです。
 そしてまた、家族がリビングなど1つの部屋で集う時間が増えるように、リビングを居心地の良い空間に整えたり、日ごろから家族とのコミュニケーションを取るようにしましょう。これから日の出も早くなるので、夜更かしをせず、早寝早起きをするのもいいですね。
 さらに、夏場は冷蔵庫の開閉回数が増えますので、個々人のMY水筒やボトルを持って、麦茶などを入れて家の中でも持ち歩くようにすると、冷蔵庫の開閉回数を減らすことができます。
 細かいことですが、夏までにこれらを習慣化させておくと、節電の効果も大きくなります。

 無理をせず、生活の中で節電できる仕組みを今のうちに作っておくことで、電気代の上昇分をある程度吸収することができるでしょう。



丸山晴美のエネ・エコライフの記事一覧