MENUMENU

環境とお財布にも優しくない間違い節約術


消費生活アドバイザー


印刷用ページ

 生活に欠かせない食品や光熱費の値上げで節約を意識する場面も増えるかと思います。しかし、節約を意識すればするほど、実はムダな出費だけではなく、エネルギー消費や廃棄物が増えてしまうことも。環境とお財布にも優しくない間違えがちな節約術を紹介します。

安物買いの銭失いになっている

 100円ショップは家計の味方ですが、日用品など商品によっては別のお店で買った方が安い、壊れやすいなど、耐久性が低いことがあり、結果的に割高になってしまうことがあります。100円ショップとは言え、200円、300円、500円など、100円以外の商品も並ぶようになり、購入時は金額にも注意が必要です。また、100円だからと安易な気持ちで買うのもムダとゴミが増える原因になります。用途に応じて使い分けるようにしましょう。

大容量と廃棄

 業務用スーパーなど業務用も人気です。大容量で安いからと言って、買いすぎは禁物です。冷凍室に入りきらない、食べきれない、味が合わなかったなどで賞味期限が切れてしまえば、結果的には捨ててしまうことになりかねません。業務用は1つあたり、グラムあたりで計算をすれば、確かに安いかもしれませんが、その分、量も入っているので1つあたりの価格は高めのため、捨てる量が多いほど損をし、廃棄も増えてしまいます。
 業務用のアイテムを購入する際は、定番でよく使うものを買い、保管場所の確保と今まで食べたり使ったことがないようなアイテムを大容量で買うような冒険は避けましょう。また、大容量のお菓子やケース買いの飲料は、食べ過ぎ飲み過ぎてしまい、結果的にゴミが増える原因にもなります。心当たりがある場合は、必要な分を必要な時だけ買うようにしましょう。

値段を追いすぎるとムダになる

 買い物の頻度にも気を付けましょう。広告の品を買うために毎日ドラッグストアやスーパーへ行くと、必要以上に食材や日用品が増えてしまい、使用量も増え結果的に出費が増えることになります。また、それらをストックするための収納を新たに買い足すなどの出費が増える原因にもなりますので、予算を持って予算内に収めるように優先順位を考えながら必要なものを買い、週に2回までと買い物の頻度を減らすようにしましょう。

 また、半額シールが貼られていると条件反射的に手に取ってしまうならカゴに入れる前に考えましょう。そもそも買う予定があったのか、定価でも買うか、たとえ半額だとしても、買えばいくらかの出費になるという意識を持ちましょう。安いにはそれなりの理由があり、半額の食品は傷みやすいのでその日に消費する分だけ買いましょう。

ガソリン代と時間のムダ

 10円でも安いものをと、あちこちのお店へ時間とガソリン代や交通費をかけてまで買いに行く価値があるかもよく考えましょう。時間も当然お金と考えることもできます。移動の時間内で他にできる節約や仕事があればそちらに時間を振るとよいでしょう。

 また自粛生活が続きますが、レジャーに行けないかわりに、家族で大型スーパーに行くのは禁物です。感染症リスクが高まるばかりではなく、出費も増えます。またもらったクーポンの期限が切れそうだからと慌てて外食へ行くのも要注意。家族で行けば1万円の出費も覚悟しなくてはいけません。ワンドリンクサービスや数十円割引クーポンなら、見なかったことにして処分したほうが、節約になります。

節約グッズを買う

 節約を意識すると、節約グッズにも興味がわきます。購入費用に見合った効果があるものもありますが、中にはそうでないものもまぎれ込んでいます。よくよく考えれば、家にあるもので代用することもできるでしょう。

 例えば節電タップは、タップにスイッチが複数ついており、スイッチをオンにしスイッチが光ると、微弱ながらも電力を使用しています。そもそもの節電タップは、待機電力をカットするためにあり、スイッチを切ることで待機電力をカットするものです。しかし、この節電タップを増設タップ代わりにしている場合があります。そして、節電どころか光り輝く増設タップが完成して、余計な電力まで使うことになってしまいます。電気がかからない節電タップも売られています。また、節電タップは増設タップと比べても値段が高くなるため、購入時はどちらが必要かをよく考えるようにしましょう。

 節約はお財布と環境に優しい行動ですが、間違った節約をするとお財布と環境に優しくないムダな行動になることもあります。買う前に本当に必要かどうかよく考えて、買ったら最後までムダなく使い切るようにしましょう。



丸山晴美のエネ・エコライフの記事一覧