MENUMENU

リオ+20参加報告 ②

成果文書をどう読むべきか?


経団連自然保護協議会 顧問


印刷用ページ

トップダウンからボトムアップへ

 日本の若者代表が以下のように総括している※5ことは示唆に富む。

 「グリーン経済は … 意欲的な国、地方自治体、企業、NGO等による合同のフォーラムで成功や失敗の事例を共有し、取り組みを促進するための施策を計画したり、ニーズに合わせて主体間のマッチングをしたりするなど、具体的なやることベースで話す方がふさわしいテーマではないか … 。」

 トップダウン的アプローチよりも、「具体的なやることベース」のボトムアップ的アプローチの実践が若者の間で増えていくことに期待したい。

 成果文書は、地に足をつけて活動することの有効性に気づかせてくれたようだ。

脚注)
 
※5
前掲 http://www.mri.co.jp/SERVICE/rio20/pc08/20120720.html 資料4-4参照。

記事全文(PDF)