MENUMENU

世界気象機関、各国の削減目標が達成されても今世紀中に2.5℃の気温上昇と警告


 世界気象機関(WMO)は、以下の内容の報告書「科学で結束2022」(United in Science)を発表し、削減目標と努力が不十分と警告した。
 ・大気中の温室効果ガス濃度は、2022年5月にハワイ、マウナロアで史上最高値420.99ppmを記録し上昇を続ける。
 ・世界のCO2排出量は、2020年に38.0Gt、2021年に39.3Gt(暫定値)、2022年1〜5月は2019年同期より1.2%増(暫定値)と増加を続ける。
 ・2015〜2021年の7年で高温年上位7位を占め、2018〜2022年の世界平均気温は工業化前比で約1.17℃高い。
 ・21世紀中の気温は、現行政策の下では66%の可能性で2.8℃上昇、各国の削減目標が完全達成されても2.5℃上昇する。
 ・2022〜2026年の各年の世界平均気温は工業化前比で1.1〜1.7℃上昇する。この間に、最低1年が工業化前比1.5℃超えの可能性は48%、5年平均が1.5℃超えの可能性は10%であり、最低1年が2016年の史上最高値を超える可能性は93%である。
【世界気象機関】