MENUMENU

2013年5月のアーカイブ

  • 2013/05/09

    同時同量(後編)
    発送電分離を前提とした展望

     前編で述べたように、送配電部門の中立性強化のために発送電分離をするのであれば、電力会社と新電力が異なる役割を分担する現在の同時同量制度は、必然的に中立な制度に見直さざるを得ない。

    発送電分離下では電力・新電力は同じ役割を担う

     それでは、具体的にどのように見直すのか。発送電分離による送配電部門の中立化に伴うものなので、電力・新電力は同じ役割を担うことが基本である。 続きを読む

  • 2013/05/08

    ペットボトルは資源の塊?

     前職はコンビニエンスストアの店長をしていた私ですが、初夏のような陽気になると売れるのがチルドの蕎麦や冷やし中華、サラダうどんといった冷たくてのどごしの良い食べ物とペットボトル飲料です。
     私自身は、節約(お金と資源)のために、自宅で煮出したお茶をマイボトルに詰めて持ち歩くようにしていますので、それほどペットボトル飲料は買わないのですが、家族はペットボトル飲料をよく飲むので、結構な量のゴミが出ます。 続きを読む

  • 2013/05/07

    補助金のかがり火

     4月6-12日号の The Economist 誌に”Bonfire of the Subsidies” (補助金のかがり火)、”The Fuel of the Future”というバイオマスエネルギーに関する興味深い記事が出ていたので紹介したい。

     EUの再生可能エネルギー指令では2020年までに一次エネルギー総供給の20%を再生可能エネルギーとすることとされているが、政治的、マスコミ的に関心を集める太陽光、風力ではとても目標達成は不可能である。ボリューム的に最も期待されているのが木材、穀物残渣を含むバイオマスである。 続きを読む