MENUMENU

韓国環境部、再利用可能な配送箱を利用する試験事業の成果を報告


 韓国環境部(ME)は、再利用可能な配送箱を利用する試験事業を流通5社及び物流3社と実施した。同事業は2021年10月〜2022年8月に行われ、流通会社は配送網を通じて再利用可能な箱を集め、物流会社は再利用のため箱を洗浄し流通会社に返却。廃棄物協会が各社に適した箱を製作し、MEは経済・環境・資源循環面の利益を調査した。
 その結果、再利用可能な箱の利用により、流通5社の一配送当たりの箱の平均コストは一般的な箱と比べ3.9%上昇したが、温室効果ガス排出量は74.49%減、廃棄物発生量は99.3%減となった。箱の再利用は経済的には低利益だが、環境・資源循環面で優れていることが分かったという。
 また、アンケートでは、再利用可能な配送箱が性能・環境・資源循環面で優位と回答した人が大部分を占めたが、値上げやデポジット制に賛成の人は少数で、経済実現可能性や回収率の改善策が必要とみられる。
 MEは2023年初頭までに再利用可能な配送箱等の利用に関する規格案を作成、経済支援も行い2024年から箱の提供を加速させるという。
【韓国環境部】