MENUMENU

トヨタ、WRCで水素エンジン車がデモラン 海外メディアのレポート動画を紹介


 トヨタ自動車株式会社は、8月19〜21日にベルギーで開催された世界ラリー選手権(WRC)第9戦で、自社で試験開発中の水素エンジン車「GRヤリス」がデモ走行を実施した。
 水素エンジン車が海外の公道を走行するのは初めて。WRCの選手たちが走る直前に、同じコースを走行した。
 なお、ドライバーとコドライバーは、モリゾウこと豊田章男社長と、4度のWRC王者に輝き、トヨタでも世界タイトルを獲得したユハ・カンクネン氏。20日はモリゾウがドライバー、カンクネンがコドライバー。21日は運転席と助手席を交代した。
 カーボンニュートラル社会への選択肢となる水素エンジンを自動車文化発祥の地である欧州で披露した。
 このことは日本国内だけでなく、海外でも自動車メディアを中心に話題となっており、米ラリーメディアの「ダートフィッシュ」では、関係者へのインタビュー動画も掲載されている。
 トヨタイムズでは、モリゾウ、カンクネン氏、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのヤリ-マティ・ラトバラ代表へのインタビューシーンを日本訳で紹介している。
【トヨタ自動車株式会社】