MENUMENU

電気料金値上げによる関西地域の製造業への産業影響


公益財団法人 地球環境産業技術研究機構


印刷用ページ

関西地域における製造業の概況

 平成22年工業統計によると、関西2府4県の製造業の産業構造は府県によって大きく異なる。生産額で比較すると、和歌山県では鉄鋼業や石油製品、化学工業の比率が特に大きい。滋賀県では化学工業や窯業・土石、プラスチック製造、大阪府では化学工業や石油製品、鉄鋼業、兵庫県では化学工業や鉄鋼業の比率がそれぞれ大きい特徴がみられる。一方、京都府と奈良県では電力多消費産業である産業の比率は相対的に小さい。また、関西地域平均の一人当たり給与額(製造業平均)は、日本全国平均よりも若干高いものの、関東平均に比べ低い。

関西2府4県の産業別の生産額シェア
関西地域の府県別の一人当たり現金給与(製造業平均)