MENUMENU

カナダ環境・気候変動省、プラスチックごみゼロへ向け、表示新規則と製造業者の登録簿を提案


 カナダ環境・気候変動省は、2030年目標のプラスチックごみゼロを達成するため、リサイクル表示に関する新規則の策定と製造業者の登録簿の整備を行い、プラスチックのリサイクルシステムを一段と強化する。
 ・表示新規則では、一定地域の住民の80%以上をカバーするリサイクルシステムに受入れられており、かつ信頼できる最終市場のあるプラスチック製品以外は、メビウスループ(互いに追いかける矢の形を輪郭とする図形のマーク)などの表示ができなくなる。また、「堆肥化可能」と「生分解性」の語の使用にあたっては、第三者機関の認証が義務付けられる。
 ・登録簿は、プラスチック製品製造業者とその製品の生産量や最終廃棄量などに関するデータを連邦レベルで収集・整備するもので、製造業者からの報告の一本化により、現在州政府が進めている拡大生産者責任制度の透明化・円滑化を図ることでプラスチックのリサイクルを促進する。
 両提案について、2022年10月7日まで意見公募を実施し、表示新規則案は2023年半ばに発表の予定である。
【カナダ環境・気候変動省】