MENUMENU

アメリカエネルギー省、コミュニティソーラーの推進と太陽光発電産業の雇用創出のための取組を公表


 アメリカエネルギー省(DOE)は、保健社会福祉省(HHS)などと連携し、低所得世帯エネルギー支援プログラム(LIHEAP)などの対象世帯とコミュニティソーラー(太陽光発電を地域でシェアする仕組み)をつなげるデジタルプラットフォームの試験運用に着手すると発表した。低所得世帯の電気代の引き下げや、契約者獲得コストの削減、コミュニティソーラーの普及加速を狙いとする。まずは、低所得世帯のためのコミュニティソーラー開発を支援する既存のプログラムがある5つの州とワシントンD.C.で実施される。これらの自治体はプラットフォームの運用性や安全保障面、性能を確かめるためのデータ提供、フィードバックや総務調整を行うという。また、DOEは、太陽光発電産業においてより多くの労働者の就業機会を確保すべく、インフラ投資法の下で1000万ドルを投じることも明らかにした。同産業において公正かつ包摂的な雇用の創出・維持や人材育成を図るためのプロジェクトに資金を提供するという。さらに、公正なコミュニティソーラーの優良事例を表彰する計画もある(サニー賞)。
【アメリカエネルギー省】