MENUMENU

ドイツ 米国と気候・エネルギーに関するパートナーシップを締結


 ハーベック経済気候保護大臣とベアボック外務大臣は、ベルリンで開催されたG7気候・エネルギー・環境大臣会合において、ケリー米国大統領特使(気候担当)及びターク米国エネルギー副長官とともに、両国の気候・エネルギーパートナーシップ締結に関する共同宣言に署名した。カーボンニュートラルの実現に向けた気候変動対策を加速、エネルギー転換を加速するための技術開発とその応用、第三国における野心的な気候政策とエネルギー安全保障の推進を優先事項として掲げ、ワーキンググループを設置し進めていく。
【ドイツ連邦経済気候保護省】