MENUMENU

ドイツ 旧炭鉱地域の順調な構造改革を示す報告書を提出


 ドイツ連邦経済エネルギー省のアルトマイヤー大臣は、石炭地域投資法の実施状況に関する報告書を内閣に提出した。この法律は旧炭鉱地帯の構造改革支援を目的としたもので、報告書では、法律が順調に実施されていることが示されている。16の行政機関の本部または支部が旧炭鉱地帯に移転したことにより、約2140名分の新規雇用が創出された。さらに、これらの地域では計175件のプロジェクトが立ち上がり、計30億1,000万ユーロの資金が投じられている。さらに、連邦政府も各州との緊密な連携のもと、総額163億ユーロの投資となる77件のプロジェクトが承認されている。アルトマイアー大臣は、「石炭火力発電の廃止は、炭田地域に大きな構造的変化をもたらす。石炭地域投資法により、私たちはこの構造的変化を積極的に形成するための強力な手段を構築し、炭田地域に新しい持続可能な経済構造と雇用を創出する。本日採択された報告書は、我々が正しい道を歩んでいることを示している」と述べた。
【ドイツ連邦経済エネルギー省】