MENUMENU

「日米グローバル地方ゼロカーボン促進イニシアティブ」の立ち上げ


 日本とアメリカは、令和3年11月10日(水)のCOP26ジャパン・パビリオンのサイドイベント「地域の脱炭素化に向けたマルチステークホルダーの役割」において、「日米グローバル地方ゼロカーボン促進イニシアティブ」の立ち上げを表明した。
 
 日本は、本年4月に日米首脳会議において立ち上げた「日米気候パートナーシップ」に基づき、米国と連携して、第三国、特にインド太平洋諸国における脱炭素社会への移行の加速化に関する協力を進めていくことにしている。

 今後、日米は、同イニシアティブに基づき、地方の気候行動を認識し、支援し、加速するための地球規模での行動を促進するために連携していく。

【環境省】