MENUMENU

川崎汽船、“世界初”船上CO2回収試験装置を同社運航の石炭運搬船“CORONA UTILITY”に搭載


 川崎汽船株式会社は「海洋資源開発関連技術高度化研究開発事業」の対象プロジェクトとして、三菱造船株式会と一般財団法人日本海事協会と共同で「洋上における CO2 回収装置検証のための小型デモプラント試験搭載と装置コンパクト化の研究開発」を実施しており、この度、三菱重工業横浜製作所において、同社運航の東北電力株式会社向け石炭運搬船「CORONA UTILITY」へのCO2回収小型デモプラントの搭載工事が完了した。
 なお、今回の当該デモプラントの搭載にあたっては、日本海事協会による安全性の観点からの評価・検証を実施している。
 同船は三菱重工業横浜製作所を出港後、一航海は三菱造船の専門技師が本船に便乗し、CO2回収小型デモプラントのコミッショニング、洋上における運転性能評価、並びに分離・回収したCO2の分析を行う。その後2021年度末までは本船乗組員による同デモプラントの運転、安全性、及び操作性の評価を行い、洋上におけるコンパクトなCO2回収システムとしての実用化へ向けて、三菱造船と共に実証実験を行っていく。
 同社は「“K”LINE 環境ビジョン2050」に基づいて、今後も「CC-OCEAN」プロジェクトをはじめとした様々な環境保全技術を研究・開発・導入し、GHG削減目標の達成とカーボンニュートラル社会の実現に向けた活動に貢献していく、としている。
【川崎汽船株式会社】