MENUMENU

ドイツ 内閣が廃電気電子機器処理令を承認。


 ドイツ連邦内閣は、廃電気電子機器処理令を承認した。これは、電気・電子機器に含まれる汚染物質の処理に関する要件を最新の技術に適合させ、国内の処理施設における手法の標準化を目的としたもので、太陽電池モジュールのリサイクルについても規定されている。ドイツ政府は、2020年12月に廃電気電子機器法の改正に着手しているが、廃電気電子機器処理令は、これを補足するものとなる。改正廃電気電子機器法では、主に廃気される機器の回収率の上昇を目指しており、廃電気電子機器処理令では集められた機器の高レベルなリサイクルを保証する。廃電気電子機器処理令の施行には連邦参議院における承認を必要とする。
【ドイツ連邦環境省】