MENUMENU

イギリス、持続可能な農業助成制度の申請を受付へ


 イギリス環境・食糧・農村地域省(DEFRA)は、持続可能な農業慣行に取り組む農家や土地管理者に対する助成制度の試験実施プログラムへの申請を2021年3月15日から受け付ける。同国は、収益をあげつつ健全な食料生産を行う持続可能な農業部門の実現に向け、EU離脱を機に農業と土地管理に関して過去50年で最大の改革を行っている。持続可能な農業助成制度のほか自然再生と景観再生に関する助成制度も計画されており、これら3つの制度を通じて、生物多様性、清浄な水や空気、土壌改良及びCO2排出削減といった公共財を生み出す農家や土地管理者等に助成金を支給するという。持続可能な農業への助成対象例としては、鳥や昆虫が一年を通じて食べ物やすみか等を確保できる生け垣の栽培・管理や、土壌有機物を増やす取組が挙げられる。試験実施段階での助成対象は農業形態や所在地の分布等を考慮した上で数百程度の農家に絞られるが、2022年から制度の本運用が開始され、2024年にはイングランドの全農家に門戸を開くかたちで制度の拡充が予定されている。
【イギリス環境・食糧・農村地域省】