執筆者:Energy and Environment team of 21PPI

  • 2012/04/04

    米国の温室効果ガス削減の中期目標達成は困難
    米エネルギー情報局の2012年予測で明らかに

     米エネルギー情報局(EIA)は1月23日、米国の「Annual Energy Outlook 2012」のEarly Release Outlook(以下、「AEO2012概要版」。全体版は2012年春発表予定)を公表した。このAEO2012概要版のなかで示されたリファレンス・ケースは、米国のエネルギー政策を議論するうえで基本となるシナリオであり、2035年までのエネルギー源別、セクター別などのエネルギー需給の見通しやエネルギー起源の二酸化炭素(CO2)の排出見通しが記載されている。ところが、ここで示された排出量と、米国がコペンハーゲン合意以来掲げている温室効果ガス排出削減の中期目標(2020年に2005年比で17%削減)には、大きな隔たりがある。 続きを読む