MENUMENU

「既存インフラを活用した再エネ導入促進セミナー」を開催


 環境省は、「既存インフラを活用した再エネ導入促進セミナー 〜地域における水力発電の取組の推進〜」を開催する。
 水力発電は再生可能エネルギーの中でも安定的な電力供給を長期にわたって行うことができる重要な電源として期待されている。
 また、今後の再生可能エネルギー大量導入に向けた系統制約や調整力の観点から、水力発電を柔軟性資源と捉えることで、より効果的な活用が期待される。

 このセミナーは、既存砂防堰堤や既存ダムを新たな視点で捉え、水力発電のより一層の普及促進を目的として開催する。

 日時:令和3年2月24日(水) 13:00〜16:40
 開催方法:オンライン開催
 定員:先着500名
 参加には事前登録が必要。


【環境省】