MENUMENU

経済産業省、「東京ビヨンド・ゼロ・ウィーク」を開催


 2020年10月、経済産業省は以下6会議を、「東京ビヨンド・ゼロ・ウィーク」として一体的に開催する。

・ICEF2020(10月7日から8日)
・RD20(10月9日)
・TCFDサミット2020(10月9日)
・第9回LNG産消会議(10月12日)
・カーボンリサイクル産学官国際会議2020(10月13日)
・水素閣僚会議(10月14日)

 世界全体のカーボンニュートラル、更には過去のストックベースでのCO2削減(「ビヨンド・ゼロ」)を可能とする革新的技術の確立と社会実装を目指す「革新的環境イノベーション」の実現を通じて、新たな産業競争力の向上を実現し、「環境と成長の好循環」を目指している。
経済産業省は、個別の挑戦課題とこれらを社会実現する道筋・手法について提示するため、今回初めて、東京ビヨンド・ゼロ・ウィークとして関連の国際会議を連続的に開催。
 米国、豪州、サウジアラビア、カタール等各政府閣僚級、IEAビロル事務局長等国際機関、各国研究機関、イノベーションリーダー、産業界が参画し、幅広い議論を行い、「環境と成長の好循環」の具体的道筋・絵姿を世界共有の価値として提示しつつ、日本から世界へのイノベーションの発信、世界から日本へのインプットという相互作用を不断に発展させていく場とする、としている。
【経済産業省】