MENUMENU

ドイツ 燃料排出量取引に際し国内産業の競争力確保のための要点を承認


 ドイツ連邦政府は、ドイツ連邦環境省が提出した燃料排出量取引においてドイツ産業界が競争力を確保するための要点を承認した。ここでは、企業が、燃料排出量取引の枠組みの中で、CO2の価格設定により国際競争上不利益を被った場合には、いわゆるカーボン・リーケージ条例に基づいて金銭的な補償を申請することが定められている、また、利益を受けた企業にはエネルギー管理システムを用い、エネルギー効率の改善とCO2排出量削減のための措置を実施することが義務づけられている。連邦環境省は、今年中にこれらの要点をまとめた法令を起草し、連邦議会に提出するとしている。
【ドイツ連邦環境省】