MENUMENU

欧州環境庁、2018年のEU温室効果ガス排出量は前年比2.1%減と報告


 欧州環境庁(EEA)の報告によると、2018年のEUの温室効果ガス(GHG)排出量は43億9200万トン(CO2換算)で、前年比2.1%減、1990年比23.2%減となった。2017年からの減少分の3分の2は熱・電力部門が担っており、また、同年まで4年連続で増加していた道路輸送によるGHG排出量は横ばいになったという。この他にも、EEAは2018年のデータを1990年と比較し、世界のGHG総排出量に占めるEUのGHG排出量の割合が1990年の15%から推計で8%に減少したことや、EU市民一人あたりの平均GHG排出量(CO2換算)が同12.2トンから8.9トンに減少したこと、炭素集約度(ユーロ当たりのCO2排出量)が同582gから277gへ5割以上削減されたこと等を分析している。EEAは、こうした減少の要因としてEU及び加盟国独自の政策や再生可能エネルギーの導入拡大、石炭からガスへの転換、エネルギー効率の向上、経済の構造変化、景気後退の一時的な影響、1990年以降の暖冬傾向などを挙げた。
【欧州環境庁】