MENUMENU

ドイツ 第3次ドイツ資源効率化プログラム策定に向け、連邦州政府や関連団体からの提案を募る


 ドイツ連邦環境庁は、第3次ドイツ資源効率化プログラム(ProgRessIII)策定に向けて、連邦州政府と関連団体から提案を募ることを公表した。プログラムの目的は、ドイツ国内の経済活動や製造方法において、原料への依存を段階的に少なくすることであり、ProgRessIII案では、新たな課題への取り組みも含めて118件の対策・対策オプションが挙げられている。これらの中で特に資源効率への貢献が大きいもの、比較的早期に実行可能なもの27件を優先事項に定めている。例えば、Industrie 4.0の下で、資源効率の大幅上昇を可能とする第4次産業革命が進行中であるが、ProgRess IIIは、このポテンシャルを高めるための手段を挙げている。また、新しいテーマとしてモビリティを含めており、大量の原料を必要とする車両の製造や使用、交通インフラの構築と維持について対策を挙げている。【ドイツ連邦環境省】