MENUMENU

アサヒら、新たな幹線輸送スキームを事業化し運用開始


 アサヒグループホールディングス株式会社は、日野自動車株式会社の子会社であるNEXT Logistics Japan株式会社(NLJ)、江崎グリコ株式会社、千代田運輸株式会社、トランコム株式会社、株式会社ユーネットランスと、荷主企業・運送事業者・求貨求車サービス企業・車両メーカーといった物流に関わる各企業の知見や技術を結集し、深刻化する物流の課題解決に向けて新たな幹線輸送スキームを事業化すると発表した。
 各社はNLJへ総額約1億円を出資し、12月9日よりこのスキームを運用開始する。

 NLJは2018年6月の設立以降、物流にまつわる社会課題の解決を目指し、実証実験を進めてきた。
 高齢化や個別配送ニーズの高まり等の環境変化により、運送事業におけるドライバー不足、積載率の低下は著しく、幹線輸送で顕著な傾向として表れている。
 このたび、物流への危機意識を同じくする企業とともに、現在物流において特に大きなボトルネックとなっている東名阪間の幹線輸送の効率化・省人化を目指し、新たな輸送スキームの運用を開始する。

 詳細はプレスリリース参照。

【アサヒグループホールディングス株式会社】