MENUMENU

「太陽光発電事業に係る環境影響評価について」のシンポジウムを開催


 環境省は、環境保全と両立した形で太陽光発電の円滑な導入を促すことを目的に、「太陽光発電事業に係る環境影響評価について」のシンポジウムを開催する。
 このシンポジウムは、太陽光発電事業を環境影響評価の対象とするために、環境影響評価法施行令の一部を改正したことを始めとする国の取組について紹介するとともに、自治体や有識者、事業者などから太陽光発電事業の環境影響評価に関する現状と課題等について情報提供いただき、地域と共生した再生可能エネルギー、特に太陽光発電の円滑な導入に向けた環境影響評価の効果的な在り方についての議論を行う。

 日時:令和元年9月6日(金)14:00〜17:00(13:30開場)
 場所:大阪市立大学 杉本キャンパス(大阪市住吉区)
 参加費:無料
 申込期限:令和元年8月30日(金)正午必着

 申込み方法等詳細は、プレスリリース参照。

【環境省】