MENUMENU

ドイツ 2018年は4000件以上のエネルギー研究を支援


 ドイツ連邦経済エネルギー省は、将来のエネルギー供給システムを確立させるために、2018年は、4036件の研究開発プロジェクトを支援したことを公表した。これは、研究プロジェクトの状況をまとめた年次報告書で報告されたもので、このうち1000件以上が2018年に開始したプロジェクトであったという。フェイト事務次官は、「電力供給において再生可能エネルギーのシェアは確実に増加している。しかし、産業や商業、建築、地域開発、運輸において、エネルギー効率と再生可能エネルギーの利用をさらに促進する必要がある。この包括的な変革プロセスのために我々は革新的なアイデアと開発を必要としており、研究開発の成果により、これらの課題を克服できる」と述べた。【ドイツ連邦経済エネルギー省】