MENUMENU

ケーズデンキの497店がエコマーク認定店舗に〜家電量販店で初〜


 エコマークは、株式会社ケーズホールディングスが運営する「ケーズデンキ」の42都道府県・497店舗(全501店舗:2019年4月22日現在)を2019年4月19日付で認定した。今回の認定は、本年3月1日に制定したエコマーク商品類型No.501「小売店舗Version2」認定基準(Version1基準を全面的に見直した新基準)において初であり、これまでのVersion1基準での認定店舗を通じても家電量販店では初めてとなる。

 廃棄物管理や省エネ・節水などの基本的な環境対策に加えて、容器包装を簡略化した販売、SDGs等の持続可能性などの多様な観点を評価する認定基準に基づき、エコマークなどの環境配慮型商品を幅広く揃えるとともに、使用済み製品を店頭で回収・リサイクルしていることや、消費者と一体となって環境に配慮した活動を推進している取り組みなどが評価され、認定された。

 今後、エコマーク認定の小売店舗が普及することで事業者の環境配慮の取り組みが進むとともに、そのお店を利用する消費者を巻き込んだ国全体での環境意識の高まりに広がっていくことが期待される。

【公益財団法人日本環境協会エコマーク事務局】