MENUMENU

ドイツ ホテル、飲食店、卸売・貿易業を対象とした気候エネルギーキャンペーンを実施


 ドイツ連邦環境省のシュルツェ大臣は、ホテル・飲食店業連盟(DEHOGA)と卸売・貿易業連盟(BGA)と共同で、気候エネルギーキャンペーンを実施することを公表した。それぞれの部門で実施可能な具体的な省エネの可能性を示し、経費削減と気候保護を進めていく。DEHOGAは、既に、連邦環境省の支援を得て、22万2000軒に対し、エネルギーキャンペーンを実施している。今回の共同プロジェクトでは、DEHOGAは、そのエネルギーキャンペーンをさらに発展させ、新しくキャンペーンを実施するBGAと経験を共有する。BGAのエネルギーキャンペーンは、約12万5000社を対象にするもので、エネルギー効率対策を支援するコミュニケーション・ネットワークプラットフォームの創設を目指す。【ドイツ連邦環境省】