MENUMENU

ドイツ 連邦政府の「人工知能戦略」において環境・気候・資源保護プロジェクトを推進


 ドイツ連邦環境省は、連邦内閣が承認した「人工知能戦略」において、環境・気候・資源保護を進める先進プロジェクト50件が支援されることを公表した。人工知能は、気候変動の影響に関してより正確な情報をモデル化したり、生態系のモニタリングの改善により、密漁や違法漁業の防止を容易にしたり、環境や自然、気候の保護にも貢献できると考えられている。連邦政府は、「人工知能戦略」を通じて、ドイツとヨーロッパを人工知能技術先進地として確立し、人口知能の利用に対する責任と公共の福祉に沿った発展を確実にすることを目指しており、人口知能の開発に対し、2025年までに30億ユーロを全ての政策分野に拠出するとしている。【ドイツ連邦環境省】