MENUMENU

アメリカエネルギー省、太陽光発電のレジリエンスを高める事業に4600万ドル提供


 アメリカエネルギー省(DOE)は、災害に対する太陽光発電のレジリエンスを高めるための研究、開発、実証事業に計4600万ドル提供すると発表した。アメリカでは太陽光発電が増加しており、その中で送電事業者には電力網のレジリエンスを強化し、サイバー攻撃や自然災害の発生時にも経済、安全保障、健康を支える基盤インフラへの送電を確保することが求められている。今回の助成は太陽光技術高度システム統合(ASSIST)状況認識および基盤インフラのレジリエンスソリューション助成事業と呼ばれ、以下2点に重点を置く。
 1)太陽光発電の状況認識。送配電系統運用者に太陽光発電システムの状況認識のためのツールを提供する研究開発。
 2)レジリエンスソリューション。大規模な停電時にも基盤インフラに送電が継続することを保証する太陽光システムのための研究開発と実地試験。
 今後3年間にわたり10件の事業に200〜1000万ドル助成する。州や部族などのインフラ管理者と連携して予防措置を講じる事業が奨励されている。【アメリカエネルギー省】