横浜市、家庭の省エネ、動画で紹介 インターネット配信始める


 横浜市は、家庭でできる省エネ対策とそのポイント、効果などを紹介する動画「おうちde省エネNEXT」を制作し、インターネットで配信を始めた。無理のない快適な省エネ対策を紹介し、家庭での省エネ行動を促す。
 動画は「家電省エネ編」(約5分半)と「生活スタイル編」(約6分)の2本。省エネアドバイザーの大塚英夫氏が省エネ対策を解説する。動画は市ホームページや動画共有サイト「YouTube」で視聴できる。
 家電省エネ編では、消費電力の大きい冷蔵庫、照明、テレビ、エアコンの省エネについて解説。冷蔵庫の設定温度を適正管理したり、白熱電球をLED電球に替えたりすると効果が大きいという。また、テレビの画質モードを切り替えるだけで、消費電力が減ると指摘。エアコンは、フィルターの定期的な清掃や、室外機の周りに物を置かないようにすると省エネ効果があるという。
 生活スタイル編では、主に夏季の省エネ対策を紹介。部屋の空気を入れ替えたり、カーテンを使って熱を遮断し、室内の温度を上げないようにしたりするなどの工夫で、エアコンの使用電力を減らせるという。