フロン排出抑制法に関する説明会を2月3月に全国10か所で開催


 環境省は、フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律(フロン排出抑制法)の説明会を全国10か所で開催し、同法に基づき業務用冷凍空調機器のユーザーが守るべき事項の周知徹底や漏えい防止対策によるメリット等の普及啓発を図る。

 フロン排出抑制法においては、業務用冷凍空調機器のユーザー(管理者)が実施すべき事項として、機器の適切な場所への設置、機器の点検の実施、点検等の履歴の保存、フロン類の漏えい量を計算し一定量以上は国に報告、行程管理制度に則った適切な機器廃棄等が義務付けられている。

 日時・場所:2月から3月にかけて、東京・広島など全国10か所
 対象:業務用冷凍空調機器のユーザー等向けの内容を予定しているが、参加はだれでも可
 参加費:無料
 
 詳細な日程、当日の内容、申込方法など詳細はプレスリリース参照。


【環境省】