世界資源研究所、インドのクリーンエネルギー拡大は雇用創出や貧困対策にも寄与すると報告


 世界資源研究所(WRI)は、2022年までに風力及び太陽光エネルギーを160ギガワット生産することを目指したインドの取組は、エネルギー安全保障の強化やエネルギーアクセスの拡大、気候変動の緩和のみならず、雇用創出、安定収入、健康面の便益、非熟練労働者の能力構築機会にもつながる、との報告書を公表した。同国の再生可能エネルギー部門では2017〜2022年の5年間に33万件以上の雇用創出が見込まれ、こうした雇用機会は農村部の貧困層にとって自給農業の代替になり得るという。WRIは、農村部の非熟練労働者や女性がクリーンエネルギー関連の仕事に就こうとする際には様々な障壁が存在する、という点にも言及し、現状分析を基に、政府当局者や民間部門のリーダー、研修機関のそれぞれに向け、フルタイムで安定的な雇用を創出して貧困削減の効果を最大限に高める方法を提言としてまとめている。報告書の主執筆者は、「官民のリーダーが、電力と雇用を全国の貧困層に提供するクリーンエネルギー部門を構築すべき時だ」と述べる。【世界資源研究所】