ドイツ、ヨルダンとのエネルギー対話を実施


 ドイツ連邦経済エネルギー省のツィプリース大臣とヨルダンエネルギー省のハラブシェ大臣は、「ドイツ・ヨルダンエネルギー対話」を開催した。これは、2016年10月に、ドイツ政府とヨルダン政府がエネルギー対話の設置に合意する声明に署名したことを受けて開催されるもので、今回の対話では、2018年春以降、共同ワーキンググループを運営していくことが確認された。さらに、エネルギー効率と再生可能エネルギーに関する専門的な交流が行われた。ツィプリース大臣は、「ドイツとヨルダンは、長きにわたって良いパートナーシップを築いてきた。この関係をエネルギー分野にも拡大していきたい。ドイツが実行するエネルギーシフトに基づき、再生可能エネルギーとエネルギー効率の対策を進めていきたい。他国が我々の事例に追随することを奨励し、ともに世界各地での気候保護に貢献していく」と述べた。【ドイツ連邦経済エネルギー省】