国連環境計画とディスカバリー・コミュニケーションズ社、オリジナルコンテンツで環境問題を伝えるパートナーシップを起ち上げ


 国連環境計画(UNEP)とディスカバリー・コミュニケーションズ社は、地球の深刻な環境問題と革新的な対処方法を伝えるため、オリジナルコンテンツを制作し様々なメディアで配信するパートナーシップを起ち上げた。同社は30年以上にわたり大自然の神秘を伝えるコンテンツを配信しており、視聴者数は延べ30億人以上に上る。パートナーシップは、自然界を描く様々なストーリーを伝え、個人や地域社会の行動を促進するコンテンツを、ソーシャルメディアも活用して広く配信する。また、パートナーシップでは野生生物の違法取引に関する啓発と行動促進にも取り組む。国連は、参加者と野生生物を重ね合わせた写真を作り、ソーシャルメディアで共有することで違法取引の問題を身近に感じられるようにするWild for Life(命のための闘い)キャンペーンを実施しており、パートナーシップによってさらに参加を募る。同社は世界自然保護基金(WWF)と連携し、トラの生息地を保護して2022年までに個体数を倍増させることにも取り組んでいる。【国連環境計画】