パナホーム、専用エアコンと換気システムを合わせた換気・空調の採用住宅拡大


 パナホームは、専用エアコンと換気システムを合わせた新しい概念の換気・空調システム「エアロハス」の採用住宅を8月に拡大する。標準装備して4月に発売した旗艦商品「カサート プレミアム」に加え、それ以外の制震鉄骨軸組み構造「カサート」シリーズで、オプション展開する。エアロハスの受注が好調なため、対象商品を広げる。

 エアロハスは、パナソニックの専用エアコンと換気システムを使った換気・空調システムで、地熱の活用と温度センサーによる各部屋の制御で快適性と省エネを実現する。省エネ性能の向上と再生可能エネルギーの活用などで、年間の一次エネルギー消費量を正味ゼロにするネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)に対応しやすくする。

 パナホームが住宅事業で蓄積した技術と、パナソニックの空質技術を融合させ、一般的な全館空調の不満点を改善した。取り入れた外気が床下をゆっくり進み、その間にほこりや花粉を沈下させて浄化した後、フィルターを通して給気ファンで空調ユニットに送る。エアコンは各室の温度センサーの情報を基に制御して、設定温度を保つ。

 4月の発売から7月までに約60棟を受注し、年間100棟の目標の半数以上を4カ月で達成した。採用した顧客からは地熱の利用、各室の温度調整、高断熱の建物などによる光熱費の低減や、空気浄化機能が評価されているという。試算では一般的な全館空調より電気代が56%低減できる。対応商品を増やすと同時に体感拠点の整備を計画する。
 
【パナホーム株式会社】