ドイツ リサイクルとリターナブル容器の強化へ新しく容器包装法が承認


 ドイツ連邦議会は、家庭廃棄物のリサイクル率を大幅に増加させることを目的にした容器包装法を承認した。これにより、生産者には、容器包装のデザインの際に、環境保護やリサイクルの可能性について考慮することが、より強く求められることになる。現在36%であるプラスチックのリサイクル率の目標値は、2022年までに63%に上昇する。金属(現在60%)、紙(70%)、ガラス(75%)の目標値は、2022年までに90%となる。容器包装処理のために支払われるデュアルシステム(ドイツ 包装廃棄物規制令に基づく回収システム)のライセンス料金は容器包装の環境への配慮度によって設定される。また、容器包装廃棄物の処理を担う事業者については、これまでと同様に公示を通じて選択される。さらに、公正な競争と一貫した履行を保証するために、登録や規格化を担う機関が生産者や販売店の出資により設立される。容器包装廃棄物の回収の数やその方法などは、自治体が定めることになり、残余廃棄物と有価廃棄物の回収は、相互で調整することが可能となる。また、容器包装廃棄物とプラスチックや金属からなるその他の廃棄物を有価廃棄物専用のゴミ箱で一緒に回収することが容易となる。これまで、ドイツ国内では、1400万人の人々が、有価廃棄物として、両種類の廃棄物の同時に回収するシステムを利用している。また、ワンウェイとリターナブル容器の明確な差を表示する商品棚におけるラベリングも導入される。【ドイツ連邦環境省】