キヤノンエコロジーインダストリー、茨城県の「地球にやさしい企業表彰」受賞


 キヤノンエコロジーインダストリー(茨城県坂東市)は、同県が主催する「地球にやさしい企業表彰」を受賞した。同社はキヤノンの100%子会社で、コピー機やプリンター、トナーカートリッジなどキヤノン製品のリユース・リサイクルを手掛けている。高度な資源循環を実現していることなどが認められた。同県庁で2016年11月30日に表彰式が行われた。  茨城県の地球にやさしい企業表彰は環境保全行動の推進が目的で、環境活動に取り組み、成果が顕著で他の模範になる企業を対象にする。環境保全を経営方針に掲げて具体的な実践活動で成果を挙げている企業の「環境マネジメント部門」と、地域や行政との連携・協働で地域環境保全を進める企業の「環境パートナーシップ部門」がある。  キヤノンエコロジーインダストリーは環境マネジメント部門で表彰された。キヤノン製品とグループ内の他事業所から発生する排出物を再資源化するなど、高度な資源循環によって環境負荷の低減に大きく貢献していることが評価された。環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」を2004年に取得して維持している点も認められた。  さらに新棟の建設で省エネ環境技術を導入し、電力削減を図っている点も評価された。キヤノンエコロジーインダストリーは同表彰で2回目の受賞となる。今回の環境マネジメント部門では、コマツの茨城工場(同県ひたちなか市)、日立製作所100%子会社で自動車部品の日立オートモティブシステムズ佐和事業所(同市)も表彰された。【キヤノン株式会社】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)


ページトップへ