いすゞ自動車、環境マネジメントシステム「ISO14001:2015」の全社統合認証を取得


 いすゞ自動車は、環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001:2015」の全社統合認証を2016年12月9日に取得した。これまで事業所単位で取り組んでいた環境マネジメントシステムを2016年度から統合し、効率的で実効性の高いシステムに移行した。ISO14001:2015は同国際規格「ISO14001」の最新版で、2015年9月に改訂・発行された。  本社、藤沢工場(神奈川県藤沢市)、いすゞものづくりサービストレーニングセンター(同市)、湘南開発センター(同市)、栃木工場(栃木県栃木市)などでの商用車、ディーゼルエンジン、関連機器の研究開発、製造、販売が登録範囲となる。自動車について総合的な研究を行う試験研究機関の一般財団法人日本自動車研究所が認証した。  いすゞ自動車は、1999年9月に藤沢工場でISO14001認証を取得したのを皮切りに、栃木工場、開発部門で取得して環境活動を進めてきた。原材料調達から製造、物流、販売、消費、廃棄、リサイクルまで製品のライフサイクルでの取り組みが重視されるため個別の事業場から、全社レベルで事業活動と一体になった環境経営が必要と判断した。  全社的なマネジメントシステムに環境マネジメントを取り込み、事業プロセスと整合を図ることでISO14001:2015に対応したシステムを再構築し、認証を取得した。全社で環境上のガバナンス(統治)を持つ環境マネジメントシステムを目指した。ISO14001は、組織が環境マネジメントシステムに関する成果を達成する仕組みを規定している。【いすゞ自動車株式会社】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)


ページトップへ